産業立地ナビTOKYO

株式会社扶桑(葛飾区)

業種 : 加工(その他)
作成日: 平成29年2月21日
更新日: 平成29年2月21日
左から、株式会社扶桑 富田成昭営業部主任、富田暁代表取締役社長
 スマホのデコレーションからファンシーグッズやアパレル、ネイルアート、ボディペイント……さまざまなモノだけでなく、ヒトさえも彩ることができる「転写シール」は、私たちの暮らしにおいて非常に身近なアイテムのひとつです。
 この転写シール製造を半世紀以上継続し、培ってきた技術を基にして、新たな提案を行っているのが株式会社扶桑です。富田暁社長、富田成昭営業部主任に取材しました。

アイロン不要でどんな布にも転写できる「NDシール」

NDシールの貼り方。まず、剥離紙を剥がしフィルムの上から絵柄部分を布に当てて爪で強く擦る
 「当社は先代である私の父が今から50年以上前、東京五輪が開催された1964年頃に起業した会社です。当初は台東区浅草橋に工場がありましたが、50年程前に現在の葛飾区立石に移転し、主に自転車のフレームやスキー板に貼る各メーカーのロゴマークの転写シール製造を手掛けていました。しかしその後、顧客の工場が次々に海外へ移転したために方針を転換し、ファンシーグッズ用の転写シールに着目するようになったのです」(富田社長)
次に絵柄を押さえながらフィルムを静かに剥がす
 そして2013年頃に販売を開始したのが今回紹介する2つの製品です。まずは「NDシール」についてうかがいました。 「転写シールは、一般の方も衣類などに貼り付けて使える身近な商品ですが、ほとんどはアイロンで転写するものです。しかし当社のNDシールはこするだけで転写でき、アイロンは必要ありません。しかも、一般的には転写が難しい布製品、例えば凹凸のある帆布や起毛したリネンに対してもこするだけ
定着後、絵柄の部分をもみこむことにより、洗濯しても取れにくくなる
で転写が可能で、プリントしたような加工を再現できます。また、最近では布製品に加えて、幼児用の積み木に印刷の代わりにNDシールを貼ってデザイン性を高めたい、などのご要望も頂戴しておりまして可能性が拡がりつつあることを実感しています」(富田社長)
 また、耐水性や伸縮性にも優れていることも特徴で、5~10回程度は洗濯しても容易に剥がれることがありません。さらに絵柄に飽きて剥がしたいときは、市販のリムーバーを使えばきれいに剥がせて、すぐに違う絵柄を試せることも優位性と言えます。

海外市場への進出も視野に。本物志向の「リアルタトゥーシール」

富田社長の腕に貼られたリアルタトゥーシ-ル。市販の消毒用アルコールやベビーオイルのほか、ガムテープなどでも簡単に剥がすことができる。
 続いてはこれも同時期に開発された「リアルタトゥーシール」です。タトゥーのイミテーションとしての転写シールは従来から販売されていますが、この製品は貼った後のフィット感が極めて高く、シール特有のテカりがないうえ、本物と見間違いそうな質感で注目を集めています。また、0.1マイクロメートルと極薄ながら、絵柄が割れず美しさを保つこと、水に濡らしたティッシュでたたくだけで転写できる簡便性、普通に入浴してもおよそ1週間継続する耐久性なども特徴です。
 「こちらもNDシール同様、剥がしたいときは簡単に剥がすことができます。使うのは市販の消毒用アルコールやベビーオイルで、1分程度で落とすことができます。もちろん、第三者機関による安全テストはすべてクリアしておりますので、幼児からお年寄りまで幅広い年代に使っていただけます。使用用途は、コンサート会場などの入場者用サイン、ハロウィンやパーティーなどの仮装アイテムなどです。近年では、日本の若い年代にファッションとしてタトゥーを楽しむ方が増えており販路は拡大していますが、当社としては今後、タトゥーがより身近な存在であるアジア、欧米など海外市場を開拓していくことを目標としています」(富田社長)

独自技術に裏付けされたスクリーン印刷が高付加価値を創造

スクリーン印刷の二次加工技術が、扶桑ならではの付加価値を支えるポイントに
 NDシールとリアルタトゥーシールには、現代の印刷方式の主流である「オフセット印刷」に加えて、水と空気以外のあらゆる素材に印刷できるともいわれる「スクリーン印刷」が用いられています。いずれも印刷業界では一般的な方法ですが、扶桑の場合は創業以来50年以上の時間を費やしてこの2つの水準を非常に高く保っていること、独自の技術開発に成功していることなどが強みとなっています。
 「特にスクリーン印刷で行う二次加工が、当社ならではの付加価値を生み出していると自負しています。例えば、立体感を出す"盛上"、紙などの材料に金箔や銀箔などを熱した文字や絵柄などの金型でプレスし、高級感を出す"箔押し"、香りの入った極小のカプセルを同時に転写する"香料"、他にもラメ、蓄光などのバリエーションがあり、ニーズに応じて多様な製品をつくることができます。ひとえに当社がお客様からのご要望に向き合い、諦めることなく開発に取り組んで製品化することに取り組んできた結果だと考えています」(富田営業部主任)

東京都ならではの充実した制度でビジネスチャンスを拡大

 こうした姿勢と実績が評価され、扶桑の製品は、2016年に地元葛飾区がメイドイン葛飾の優れた工業製品を区推奨のブランドとして推奨する「葛飾町工場物語」に認定されました。
 「これによってギフトショーなど展示会や見本市、他企業との交流など、さまざまな活動機会をいただきました。当社の製品を広くアピールしていくうえで格好のチャンスであり、今後、より一層積極的に製品情報を発信していくつもりです」(富田営業部主任)
 さらに扶桑は、公益財団法人東京都中小企業振興公社の「ニューマーケット開拓支援事業」にも認定されています。この事業は、都内の中小企業の優れた開発製品・技術に対して国内販路開拓を支援することにより、中小企業の育成を促進する目的で行われているものです。この点からも同社の製品がいかに高い技術を備えているかが分かります。
 東京都に立地していることのメリットとしては、各種の助成制度の充実ぶりが魅力とのこと。
 「2016年度に、東京商工会議所の小規模事業者持続化補助金、公益財団法人東京都中小企業振興公社の新・展示会等出展支援助成事業のバックアップを受けることができました。こうした実績をつくることで金融機関との連携がより円滑になったり、製品をPRする場所が拡大することに期待できます」(富田営業部主任)
 今後も扶桑は、顧客からのさまざまな要望に応えつつ、特殊な転写シールのスペシャリストとして国内外の市場活性化に貢献していくでしょう。
株式会社扶桑
東京都葛飾区立石8丁目41番2号
TEL:03-3691-6490
http://kkfusou.co.jp/
葛飾区の関連情報
城東エリアの関連情報