産業立地ナビTOKYO

トップページ 立地企業の声を業種別リストから探す  /  エリア別リストから探す SIシナジーテクノロジー株式会社(八王子市)

SIシナジーテクノロジー株式会社(八王子市)

業種 : その他
作成日: 平成28年3月18日
更新日: 平成29年4月18日
SIシナジーテクノロジー株式会社 志村秀幸代表取締役社長(左) 池田憲秋専務取締役(右)
SIシナジーテクノロジー株式会社(八王子市)
 SIシナジーテクノロジー株式会社の主な事業内容は、地上デジタル放送、ダムの制御システム、鉄道信号の記録など社会に不可欠なインフラシステムの開発、機器の製造です。2015年には、これらの分野で培った技術を活用した自社製品「産業用音声放送ネットワーク端末装置 VOICE-IP TERMINAL」を開発、東京都トライアル発注認定制度の認定商品となりました。「人と社会への貢献」という経営理念に基づき、今後も新たな技術の開発に挑む同社の志村秀幸社長、池田憲秋専務にお話をうかがいました。

独自の高い技術力で社会インフラを支える重大な責務を担う

 SIシナジーテクノロジーは、志村社長がかつて勤めていたITシステム関連企業の設計部門のエンジニアと立ち上げたベンチャー企業です。創業は2013年と会社としての歴史はまだ浅いのですが、勤務するエンジニア達は38歳~50歳とベテランぞろいで、その実力は当初から高く評価されてきました。
 「私たちが開発するシステムや製造している機器は、地上デジタル放送、ダムの制御システム、鉄道など、いずれも社会の心臓部に直結するものです。仮にダウンしてしまうと『テレビが突然映らなくなった』『断水した』『鉄道が動かなくなった』などの重大な事態が発生し、日常生活が一気に崩壊する危険性が高まります。全社員は現在9名と少数ながら、それだけ責任の重大な仕事を担えているのは、私たちの技術力に大きな信頼を寄せていただいているからだと自負しています」(志村氏)
 そんな同社の評価をさらに高めたのが、2015年に東京都トライアル発注認定制度の認定商品となった自社製品「産業用音声放送ネットワーク端末装置 VOICE-IP TERMINAL」です。
 「VOICE-IP TERMINALは、従来、ソフトウェアで実現していた音声のインターネット放送(伝送)を、独自の技術でハードウェアに置き換えて実現した製品です。ハードウェア化したことで、小型化、低価格化、パソコンに積まれているようなOSをなくしたことによる起動時間の大幅短縮、7年保証の高信頼性化など、これまでになかったさまざまなメリットが生まれたのです」(池田氏)
 この装置を発信側と受信側に設置することで、これまでのように交換機やサーバーを介さずに音声放送のネットワークを安価に構築できるようなったうえ、処理性能の高速化によって1台の端末装置から1,000台規模の大規模配信も可能になりました。加えて、配信サーバーも不要になったためトラブル発生の確率減少、運用コストの低減などにも成功しています。
 「OSを含むネットワーク処理もすべてハードウェアで実現していることで、原理的にはサイバー攻撃の危険がなくなり、セキュリティレベルも高度化しています」(志村氏)

「産業用音声放送ネットワーク端末装置 VOICE-IP TERMINAL」装置。24時間365日無人運転を実現
VOICE-IP TERMINALのシステム構成例

認定後にセールス、オペレーション、財務などの企業価値が向上

SIシナジーテクノロジー社内の製造工房。ベトナムのハノイ工科大学と業務提携しており、現地法人も有している
 この製品の使用例としては、広域の防災放送、ビル・駅・空港・学校・工場などの公共的な施設内の音声ネットワーク構築などが挙げられます。まさにSIシナジーテクノロジーが目指す「人と社会への貢献」に結びついているわけです。
 「既に競馬場構内の広域アナウンスシステムとして、23台/1システムの販売実績があります。また、東京都トライアル発注認定制度の認定商品となったことで、都の関連施設へ優先的に営業できる権利をいただいたことや、産業交流展など展示会に無料出展できるなど、ビジネスチャンスが大幅に拡大しました」(池田氏)
 「セールス、オペレーション、さらに金融機関からも高い信頼を得るなど財務面も含めてさまざまなメリットを得ることができました」(志村氏)

東京に立地することで顧客との緊密な連携を維持できる

「VOICE-IP TERMINAL」の進化系「VOICE-IP RECEIVER μ」。W26×H22×D38mmの超小型で設置場所を選ばない。SIシナジーテクノロジー期待の新製品
 最後に東京都内に立地しているメリットについてお聞きしました。
 「まずは各種の助成制度が受けやすい環境があることです。当社の場合は、地元の八王子市の創業助成制度や制度融資などを受けることができました。次に東京には私たちの顧客企業が多く集まっているため、何かあればすぐ駆けつけられるのも大きな魅力です。特に私たちの会社ではお客様との打ち合わせ、ミーティングなどの回数が多いのもさることながら、自社で動作確認した機器をお客様の会社に持っていき、先方の装置に組み込んで再確認するという業務も頻繁に行うため、近い場所にオフィスがあることは絶対不可欠な条件なのです」(志村氏)
 ちなみに先述した「VOICE-IP TERMINAL」は、同社比で世界最小となる超小型の産業用・音声放送ネットワーク受信端末装置「VOICE-IP RECEIVER μ」に早くも進化を遂げているとのこと。独自の高い技術力と東京立地の恩恵で、これまで以上の飛躍が期待できそうです。
SIシナジーテクノロジー株式会社
東京都八王子市大和田町2-9-2
TEL 042-648-1420
http://sisynergy.com/
八王子市の関連情報
南多摩エリアの関連情報