産業立地ナビTOKYO

株式会社志成データム(町田市)

業種 : 環境・医療・福祉
作成日: 平成28年3月8日
更新日: 平成29年4月18日
株式会社志成データム 斎藤之良代表取締役
株式会社志成データム(町田市)
 加齢にともなう病気の早期発見や予防は、高齢化社会を迎えた日本にとっての大きな課題です。株式会社志成データムは、この課題に立ち向かうべく、心筋梗塞などの原因となる動脈硬化を手軽に検査できる電子血圧計を開発したベンチャー企業。エンジニアとして研究開発の先頭に立つとともに、その普及にも心血を注ぐ斎藤之良社長に話をうかがいました。

「血圧計で血管の硬さも測れる」という若き日の着想

 斎藤社長は、中学時代に電気や電波に興味を持ったのをきっかけに、エンジニアを志して大手家電メーカーに就職。最初に携わったのはブラウン管テレビの設計でした。その後、外資のメーカーに転職して電子血圧計の開発に2年間ほど従事しましたが、この時期に、今日のビジネスの源流となる発見をします。それは、「血圧の情報には、原理的に血管の硬さの情報も含まれる」という発見でした。
 「血圧は、カフと呼ばれるベルトを上腕に巻き、加圧・減圧して測ります。このとき、カフの圧力変化と心臓の拍動に連動して血管の容積が変化します。それを波形として測定したものが脈波です。脈波を調べることで血管の硬さを知ることができるのです」
 そんな折、そのメーカーが倒産してしまい、仲間とベンチャーを立ち上げます。その会社が1988年に創業した志成データムです。
 志成データムは電子機器の設計会社として、引き続き電子血圧計の開発に取り組みます。そして1995年、血圧脈波のパターンで血管の硬さを判定する「血行動態測定型血圧計」の開発に成功。外資メーカー時代に、血圧計で血管の硬さも測れるということに着目した成果をここに開花させました。

地道な研究が医用電子血圧計「PASESA」として結実

 研究開発はさらに続きます。2004年からは、脈波から上腕動脈の血管の硬さを正確に測る研究を、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共同で開始。2年間の研究期間を経て、新しい血管の指標API(Arterial Pressure volume Index)とAVI(Arterial Velocity pulse Index)を開発しました。
 AVIは中心動脈の硬さや状態を反映する指標であり、APIは上腕動脈の硬さや状態を反映する指標。年齢での平均的な数値があり、それを超えていれば何かの病気を疑ったり、生活改善をしなければならないということになります。
 2008年には、AVI理論解析のため、国立研究開発法人理化学研究所と共同で、スーパーコンピュータ「京」を使った研究を開始。2011年に改良医療機器として厚生労働省に承認され、翌2012年、医用電子血圧計「PASESA (パセーサ)」として販売を開始しました。
 PASESAは、通常の血圧計と同様に、座ったまま血管指標と血圧が手軽に測れるのが大きな特長。測定の所要時間は約2分です。
 「現在は、病院での普及を目標に販促活動を続けていますが、PASESAは予防を目的とした機器であり、病院はかかってしまった病気を治療するという立ち位置の違いから、その普及に時間を要しているところです。ただ、その必要性を理解してくださる先生方も徐々に増えてきており、また、マスコミにも取り上げられたことで、海外で興味を持ってくださる企業も現れています」
医用電子血圧計「PASESA」 PASESA :Prevent ArterioScleros and Enjoy Successful Aging
検査風景

研究開発型企業集団「まちだテクノパーク」が拠点

まちだテクノパーク
 志成データムが所在するのは、町田市の「まちだテクノパーク」。2001年、町田市やその周辺で事業を営んでいるベンチャー企業22社が、公的助成制度を活用して建設した企業団地です。同パークのホームページによれば、新たな創造を生み出すことを目的とした「産業クラスター計画」により集められた異業種による「研究開発型企業集団」とのことで、そのコンセプトは、志成データムの企業姿勢とまさに合致しています。
 「国と東京都から融資を受けてここに拠点を構えることにしました。異業種同士が底辺で強くつながっていて、それぞれ得意な技術を持ち寄って共同開発をしたり、日常でも専門外の情報にすぐに触れられるのがメリットですね。PASESAの販促でも、パーク内の会社から病院の先生を紹介していただくなど協力を得ています」
 斎藤社長はこの「まちだテクノパーク」を拠点に、PASESA普及のため、今日もさまざまな活動に尽力しています。
株式会社志成データム
東京都町田市小山ヶ丘2-2-5 センタービル 4F
042-798-4711
http://www.shisei-d.co.jp/
町田市の関連情報
南多摩エリアの関連情報