産業立地ナビTOKYO

株式会社 米山製作所(西多摩郡瑞穂町)

業種 : 加工(その他)
作成日: 平成25年3月17日
更新日: 平成27年3月6日
株式会社 米山製作所(西多摩郡瑞穂町)
環境に優しく、あらゆる素材に負荷を与えることなく切断加工ができる“ウォータージェット”工法は、宇宙開発や医療など最先端の産業分野において注目の的。この特殊工法を専門とし、経済産業省中小企業庁が定める「元気なものづくり中小企業300社」に選出された株式会社 米山製作所の米山俊臣社長に、事業のあらましや東京で事業を展開するメリットについてお聞きしました。

生き残りをかけウォータージェットを導入

昭和50年、西多摩郡羽村町(現 羽村市)においてプリント基板用金型の設計・製作を主軸業務として個人事業をスタートし、昭和55年に西多摩郡端穂町への移転と同時に法人化することにいたしました。その後、順調に業績を伸ばしていましたが、ちょうどプラザ合意の2年ほど前に中小企業診断を受けた際、「金型の仕事は近い将来に海外に出て行ってしまう」との助言を受け、現状のままではやがて事業を継続することが難しくなると判断しました。先代の社長が当社の生き残りをかけ、中小企業大学で学び、情報を収集していた時期に、アメリカではプリント基板の加工にウォータージェット工法を導入していることを知ったのが始まりでした。早速、機器を揃えてみたものの、当時の日本においては、その加工法があまり知られておらず、まさにゼロからのスタートでした。展示会に出展したり、こまめに情報発信をしたりしながら営業展開をしていったものです。やがて、現行の方法では上手く加工ができない、あるいは新素材加工の一つの手段を検討する際に当社へお声が掛かるようになり、各メーカーの開発部門の方々の間で、いつしかウォータージェットのリーディングカンパニーとして認識されるようになりました。現在では、ホームページ経由で新しいお取引先からも、よく問い合わせをいただく状況となっています。

高性能素材の特殊加工への対応

ウォータージェット加工は、研磨剤を混ぜたマッハ3の超高圧水を利用し、素材の切断を行う加工法で、大きな特徴としては、“素材の機能を壊さないで加工ができる”点にあります。他の加工法では、化学反応や熱影響により素材のひずみが発生したり、物性が変化してしまうケースもあります。しかしウォータージェット加工は、水を利用しているため、そういった恐れは皆無といえます。現在では、新素材や複合材、チタンなどの難削材の切断や微細部品に使用される高性能素材の特殊加工への対応も実現し、宇宙開発、医療など最先端工業から、自動車や航空、建設、研究機関など、様々な企業様からご愛顧をいただいている状況です。

東京で事業を展開する企業の責務

東京で事業を展開するメリットは、ブランド力があることは当然、それ以上に企業の根っこの部分を強化できるような情報が入手できたり、ネットワークが活用しやすい点にあります。周囲に様々な産業が存在することで、例えば海外へ展開することを考えたときに、商社など他業種とコラボレートすることもたやすい環境にあり、そこから得られる生きた情報も大変有意義なものです。東京で事業を展開する企業の責務として、東京に留まらず、日本の中小企業のモデルケースとなり、その取り組みや成功事例を日本全国に広め、そして活性化を図る必要があると考えています。
URL: http://www.yoneyama.co.jp/
住所:東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎東松原24-10
瑞穂町の関連情報