産業立地ナビTOKYO

エーエルティー株式会社(練馬区)

業種 : 機械(その他の機械)
作成日: 平成25年3月17日
更新日: 平成27年3月6日
エーエルティー株式会社(練馬区)
レーザ光線を応用した最先端分野において事業を展開し、経済産業省中小企業庁が定める「元気なものづくり中小企業300社」に選出されたエーエルティー株式会社。新製品や技術に対する研究開発は、会社の将来をけん引する重要なポイントです。同社の高野裕社長に近況を伺いました。

レーザプリンターの検査装置を製造販売

高精細レーザプリンターメーカーの研究開発部門に所属していた3人が独立し、平成4年に会社を設立しました。当初は、それまで培ってきた光学系技術を活用した計測アプリケーション開発を事業の主軸としていましたが、やがてレーザプリンターメーカー向けの検査機器の生産にも着手するようになりました。当社が得意とする光の計測には、電気的な計測と光学的な計測が必要であり、それぞれを専門とする企業はあっても、その両方に対応できる企業は稀な存在です。光と電気と機械の領域が重なるニッチな技術分野を得意とする当社にとっての競合企業が少なかったため、やがて口コミや紹介で顧客が広がっていきました。現在は、日本はもちろん、海外のプリンターメーカーに対して、それぞれの仕様に基づいた検査機器をオーダーメイドで製作、納入しています。

光MEMS技術を生かした機器の開発に注力

ここ5~6年の間に、レーザプリンターの普及が進むとともに、低価格の機種が主流となり、各社の設備投資も徐々に冷え始めています。そのような市場環境を打破するために、現在、当社では、光MEMSの計測システムの開発に注力しています。この光MEMSとは小型デバイスに搭載される次世代型の最新技術で、ナビゲーションシステムに活用される小型かつフォーカスフリーなディスプレイに採用されており、現在、様々なメーカーのラボや研究機関で開発が進められている分野です。当社では、そのような光MEMSの検査のみならず、直線的で波長が安定したレーザを照射する光源や、光MEMSを活用したシステムの受託開発にも従事しています。トンネル壁面や路面の状況検査など高度なユニット開発や、バーコードリーダー、粉砕したプラスティックからナイロンだけを分別する装置など、身近な分野にも応用され、さらなる発展が期待されています。

交通利便性が高く企業立地に適した東京都

創業当時は、目黒区にあるアパートの一室からスタートしました。今から15年前に、現在の練馬区を移転先としたのは、当時の従業員全員が住んでいる家から通いやすい、ちょうど中心点であったという単純な理由によるものですが、現在では、海外のお客様がデモンストレーションや立会い検査などの理由により来社するケースも増えているため、事業所の立地は重要であると実感しています。鉄道はもちろん、環状七号線や、関越自動車道のインターに近く、とても交通利便性が高いエリアであると満足しています。東京は整った環境の中で効率よく仕事ができる場所だと感じています。
URL: http://www.alt.co.jp/
所在地:東京都練馬区豊玉南1-21-10
練馬区の関連情報