産業立地ナビTOKYO

株式会社iMott(大田区)

業種 : 加工(その他)
作成日: 平成24年10月20日
更新日: 平成27年3月6日
大田区が運営する産業施設であるテクノフロント森ケ崎は東京湾を望む大田区の臨海地域に立地しています。その4階の1室に株式会社iMottはあります。ものづくり産業を自覚しながら、その熟練した職人技や経験と科学との融合を図ろうという姿勢を表すかのごとく、入室すると、工場というよりむしろ最先端の研究施設さながらの設備が出迎えてくれます。最先端の技術を身近なものに用いることで「役に立つ」ことを目指して邁進中です。今回、都の「基盤技術産業グループ支援事業」での取り組みと、都内で事業をすることのメリットについて、会長の松尾様に伺いました。

「セグメント構造DLC」を世界に広める為に生まれた会社

iMottという会社名は、Innovative Management of Thin-films Technologyの略で、「セグメント構造DLC」を世界に広める為に生まれた会社です。DLCというのは、Diamond Like Carbonの略で、ダイアモンドに近い硬さを持った炭素という意味です。従来技術では、このDLCを1枚の膜で貼り付けていて、柔軟性が少なく剥がれやすいという問題がありました。ナノサイズの微小なDLCをタイル状にならべることができる「セグメント構造DLC(S-DLC)」という特許技術によって硬さ、柔軟性、剥がれにくさを併せ持った膜が誕生しました。

職人の技術と最新の技術が生み出すはさみ「geek」

「geek」というブランド名でS-DLC膜によって加工した「はさみ」を開発しています。都内に2名しかいないミクロン単位の加工を寸分違わず手作業で行えるはさみ職人と弊社のS-DLCの技術が出会うことで、従来製品の15倍切れ味が落ちないはさみを開発することができました。疲れづらく、髪を傷めないはさみの形状にも特徴があります。

プロジェクトマネージャーの存在

金属加工、S-DLC成膜、はさみ職人、販売会社が一つのグループを形成し、製品開発と事業化に取り組みました。今回の支援は、資金的な面はもちろん、プロジェクトマネージャーの方が適切に進捗を管理していただけるので、壁にぶつかった際に、経緯をきちんと振り返ることができ、非常に支えられました。私たちものづくりの人間だけだと、どうしても意識が前にばかり向いてしまいますので、プロジェクトマネージャーのアドバイスはとてもありがたかったです。

東京のメリットを活かし、プラスアルファの努力を

東京で事業をすることはあらゆる意味で有利です。ただ、多くの企業がそれに甘えて努力を怠っているのではないかと感じています。それほど、東京で事業することは有利です。ただ、今後は、ただ単に東京で事業をしているというだけでは生き残れない時代になってきていますので、プラスアルファの努力が必要となってくると考えています。
URL:http://www.imott.co.jp/
住所:東京都大田区大森南4-6-15 テクノフロント森ヶ崎402
大田区の関連情報
城南エリアの関連情報