産業立地ナビTOKYO

株式会社プレーン(世田谷区)

業種 : その他
作成日: 平成24年10月20日
更新日: 平成27年3月6日
世田谷区の閑静な住宅街にひっそりとたたずむお洒落な建物が株式会社プレーンの本社です。工業デザインを主力とする会社を象徴するように、社内外問わず目にするモノは全て、企業のデザインに対するこだわりを表現したものばかりです。会議室には、これまでデザインした数々の商品が所狭しと並んでおり、訪れる者を魅了します。 今回、都の「ものづくり産業基盤強化グループ支援事業」での取り組みと、都内で事業をすることのメリットについて、社長の渡辺様に伺いました。

企業理念を形にするインダストリアルデザイン

株式会社プレーンは、工業デザインを主力にした会社です。私たちはこれまで、大小さまざまな工業製品をデザインしてきました。主にメーカーから委託を受けてデザインしますが、場合によってはこちらから企画を提案することもあります。最近では、新たにミニマライフ株式会社を設立し、自社でデザインした商品を製造・販売する試みを開始しました。その第1号がテープリールの無い卓上テープディスペンサー「eN」です。eNでは重量バランスを計算し、従来品と遜色ない使い勝手を保ちながら極めてコンパクトなデザインを実現しています。

デザインで商品価値を高める

カセットコンロは調理器具であるだけでなく食卓にも登場する食器でもあります。素晴らしい食器や料理を取りそろえた食卓ではカセットコンロもその場に調和するものである必要があります。この商品は、デザインや素材へのこだわりだけでなく、食事を豊かにするはたらきをデザインによって表現することで、一般的なカセットコンロの数倍の価格にも関わらず、売行きは好調です。

CCFL(冷陰極管)の特性を活かして

私どものグループでは支援を受けながら、LEDより均一な光で同程度の省電力かつより細いCCFL(冷陰極管)の特性を活かした照明器具を、「YOOG」というブランド名で開発しています。まるで1本のチューブ(管)のようなフォルムにデザインされたデスクランプである「Tubelumi」(右図)という商品の改良・量産化と、小型でスリムな照明器具である「Shelflumi」の開発を行いました。

「一緒にものづくりしたい」という想い

「Shelflumi」(右図)はマグネットで固定できるため場所を選ばないだけでなく、複数の「Shelflumi」を連結することで、これまでにない長さの光源として様々な使い方が可能となります。もともと、パートナー企業の日商テレコム社とTubelumiを開発した後、「今後も一緒にものづくりをしていきたいけど、開発資金の調達が難しい」という状況でした。そこで、今回の助成を申請し、採択していただいたことで、再び、一緒に仕事ができるようになりました。公的な助成なのでベンチャーのスピードに合わない部分もありますが、そもそも、この資金がなければ、再びともに仕事をする機会に恵まれなかったですし、Shelflumiも生まれていませんのでとても感謝しています。

情熱をデザインに昇華することができる東京

東京で事業をするメリットは計り知れません。企画からデザイン、製作までほとんどのことを近隣で完成することができます。私たちがデザインをする際には、まずは参考になる実物と、使っている人々を観察します。東京ではあらゆるモノがすぐに手に入りますし、多くの人々と出会うことで、直接コミュニケーションをとることができます。私がYOOGシリーズをデザインするきっかけとなったのは、パートナー企業の熱意に触れたからです。この熱意はインターネットや電話では伝わりきれません。やはり、直接会うことで、お互いの情熱をデザインに昇華することができるのです。
URL:http://www.plane-id.co.jp/
住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-37-9
世田谷区の関連情報