産業立地ナビTOKYO

荻野工業株式会社(墨田区)

業種 : 機械(その他の機械)
作成日: 平成24年10月14日
更新日: 平成27年3月6日
つくばエクスプレスの守谷駅から徒歩15分、TEXの線路沿いに荻野工業株式会社の茨城工場があります。創業は戦前の大正13年で、社員数はおよそ90名です。世間的な知名度は決して高くはありませんが、高い技術力によって長きにわたり大手メーカーから信用を得ています。最近では、その技術力を武器に新たにアジアに活躍の場を広げています。荻野工業は、工場を茨城に構え、事業は都内の本社を中心に展開しています。今回、都の「ものづくり産業基盤強化グループ支援事業」での取り組みと、都内で事業をすることのメリットについて、社長の荻野様に伺いました。

時代に柔軟に応えられる職人でありたい

当社は祖父の代から続く部品製造会社です。大正時代にガス管継手の製造で創業し、自動車部品の製造へと移行しました。現在も主力製品は自動車部品であり、その他、農業機械や工業機械の部品も製造しています。長年の経験と技術の積み重ねによりローテクを極めることでハイテクに進化させ、これまで新技術や新製品を生み出し続けてきました。今後は技術力を武器にアジアへと進出するとともに、航空機分野、医療分野へも進出していきたいと考えています。

品質最優先で納入不良ゼロ

私どもの会社の強みは高品質な製品を不良品無く提供することです。弊社は全員が製造だけでなく製造機器の組み立ても行い、その部品を私たちが製造する理由、製造される仕組み、製造コストと自らの給与の関係、そして自分たちの製品がどのように社会の役に立っているかを認識しています。それらの取り組みの結果が、徹底的な工程管理と品質管理に対するこだわりを生み出しました。結果的に納入不良ゼロを達成することに繋がり、取引先より表彰されたこともあります。近年は、不良品を納品しないことはもとより、徹底した工程管理と技術革新により不良品を造らないことに取り組んでいます。

無理だと言われた領域まで製造工程を刷新

私どものグループは、大手自動車メーカーの次世代型環境対応エンジンの部品であるエンジンの冷却液を通す特殊な管を開発しています。エンジンサイズが小さくなり、サイズダウンと高品質化を同時に求められているだけでなく、諸外国との価格競争力も必要です。そのため、無理だと言われる領域まで製造工程を刷新し、「技術の粋を集めた高品質な製品の製造」と「半分以下までのコストダウン」を同時に達成しました。各社の強みを持ち寄り、チーム一丸となって知恵を出した結果、単なるコア技術の集合を越えた効果を生み出すことができました。それもこれも、都に相談に行ったことがきっかけです。中小企業はどうしても自分たちの殻に閉じこもりがちですが、中小企業だからこそ、積極的に相談に通うことで新たな展開が開けることを、身を持って実感しています。都内にはライバルも多いですが、採択されると「お墨付き」を得た効果が絶大で、銀行での資金調達から取引先の新規獲得まで絶大な効果を発揮します。

製品を目の前に置いて

東京に事務所を置くメリットは枚挙に暇がありません。私どものようなものづくり産業において一番のメリットは、製品を目の前にして直接話をすることができるということです。それは、業務提携先との打ち合わせ時、大学の教授にアドバイス頂く際、取引先との面談時など常にメリットとなります。更に、東京都立産業技術研究センターの検査施設には他には無い高度な機器が揃っていますので、破損などのクレーム対応や工程の見直しの際に科学的根拠を与えてくれます。それにより、取引先への営業、クレーム対応、コストの見直しなどを自信を持って行うことができるようになりました。
URL:http://www.ogino-net.co.jp/
住所:東京都墨田区堤通り1-7-16
墨田区の関連情報
城東エリアの関連情報