産業立地ナビTOKYO

深中メッキ工業株式会社(墨田区)

業種 : 加工(金属)
作成日: 平成22年3月14日
更新日: 平成27年3月6日
深中メッキ工業株式会社(墨田区)
90年代初頭の不況時にリチウム電池部品のメッキ加工で一躍脚光を浴び、その後複写機の部品では世界シェア100%に。創業社長の後を継いだ、サラリーマン出身・二代目社長の深田稔さんに自社紹介と墨田区への思いを語っていただきました。

創意工夫で他社が真似できないメッキ作り

家電製品や自動車・医療器具等の部品のメッキ加工をしています。複写機内の部品においては世界100%のシェアを誇ります。また国内の薄型TVの基盤に関わる部品も70%以上のシェアになります。
先日は墨田に面白い会社があるということで、仙谷国家戦略大臣もお見えになりました。
このように小さな工場で最新の設備があるわけでもないのですが、創意工夫で他社が真似できないようなメッキを手がけたいと常に心がけています。

ネットワークが強固な下町、墨田区

創業社長の父が墨田区出身ということで、地の利を活かして区内に工場を立てたのがきっかけです。
墨田区は東京・大手町や品川など都心に近く、商談取引をするうえで非常に利便性が高いところです。また羽田や成田ともアクセスがよく流通面でも条件はいいです。
そして何と言っても、区内のネットワークが良いところが魅力ではないでしょうか。これだけ工場が集積していても、地域住民との関係は非常に良好で、事業者間もライバル意識よりも仲間意識のほうが強いです。いい意味での「おせっかいやき」がたくさんいます。回覧版もいまだにありますし、祭りでみこしもかつぎます。
この墨田区は東京にいながら、地方の雰囲気をあわせ持っているようなところです。みんなでこの墨田区を盛り上げている印象が強いですね。

区内の後継者育成のために

下町のビジネススクール「フロンティアすみだ塾」の活動も中心となってやっています。
後継者が育たず、廃業を余儀なくされる区内の零細企業をたくさん見てきました。これ以上、地域の産業を減らしたくない。そのような思いで創設しました。今年で6年が経ち、今では80社以上の後継者がスクールに通っていますが、スクール卒業生の活躍ぶりを周囲が見て、入学希望者が急増しています。

「一人で御輿はかつげない」

当然、自分の会社のことは一番気になります。でも同時に墨田区内の産業活性化も気にかけています。そして周りから「墨田っていいなあ」とか「あんな小さい会社でもがんばっているんだから、俺たちでも出来るかも」という声をもらえればいいですね。
皆で一緒にこの墨田区を盛り上げていきましょう。決して、一人でみこしはかつげないですから。
URL: http://www.fukanaka.co.jp/
住所: 〒131-0043 東京都墨田区立花5-11-7
墨田区の関連情報
城東エリアの関連情報