産業立地ナビTOKYO

株式会社 浜野製作所(墨田区)

業種 : 加工(金属)
作成日: 平成22年1月8日
更新日: 平成27年3月6日
株式会社 浜野製作所(墨田区)
従業員2~3人の量産金属プレス加工会社から脱却し、少量・多品種、試作対応の板金工場へと業務転換。その後もさまざまなアイデアを打ち出し続ける、浜野製作所の浜野慶一社長に「墨田区」への思いを語っていただきました。

短納期・納期厳守の生産体制を確立し、5年で10倍の顧客増を実現

板金・レーザー・プレス加工のエキスパート集団です。産業関連部品、機械設備関連部品の加工制作に携わっています。半導体関連の精密部品をはじめ、医療機器、自動車部品、コネクター部品、ゲーム機関連部品など、幅広い業界に対応できる技術力を持っています。また、産学連携を積極的に推進し、深海探査艇「江戸っ子一号」の深海8,000m探査を成功させるなど、常に時代の先端を意識した取り組みを続けています。

墨田にこだわるわけは「愛着心」

父親の代からこの墨田区八広に拠点を置いています。小さいころからこの町に育って
ここが「ふるさと」なので、理屈抜きで「愛着」があります。小学生の頃、学校からの帰り途中にランドセルを背負いながら、近所の工場で働く人をよく観察していました。そのような環境にいたので、ものづくりってどういうものかを、肌身で感じることができました。
残念なことに、最近は工場が閉鎖されることが多くなる一方で、安い人件費を求めて海外へ行く傾向が増えています。技術伝承や後継者問題等、中小の製造業が抱える問題はさまざまありますが、子供たちにものづくりの面白さを伝える場が失われていっていることが、大きな問題だと感じます。

東京スカイツリーにかける思い

2012年5月にオープンした「東京スカイツリー」は多くの来場者を集め、我々も町工場の廃材を活用した「廃材を配財にかえる万華鏡」をスカイツリータウンで販売しています。この墨田区に多くの人が集まり、情報も集まることで、さまざまなビジネスチャンスが生まれるといいですね。そして2012年からは、キッザニアのものづくり版を開始しました。子供たちに就業体験を通じて、ものづくりの楽しさを伝えていきたいと思います。

まだまだ可能性がある「東京」

東京に立地することのメリットは3つあると思います。
1つ目は都内には多くの大学が集まっていて、産学連携が出来る環境が整いつつあります。そのような環境からビジネスチャンスが生まれる可能性を秘めていることです。実際我々の会社には、多くの優秀な学生がアルバイトに来ています。技術力は彼らに負けるとは思いませんが、さまざまな観点からアイデアを出してもらうことは貴重なことです。また情報が共有されることで工場に働く従業員にも刺激となり、社内活性化にもつながっています。学生を受け入れてから11年が経ちますが、確実に社内の文化、風土が変わってきました。
2つ目は、多くのデザイナーが集まっていること。世界で最もデザイナーが集まっている都市はヨーロッパやアメリカではなく、東京だそうです。デザイナーを活用することで、従来よりも商品提案に幅ができました。
最後は、何と言っても東京には人と情報が集まります。
WEBの時代ではありますが、まだまだフェース・ツー・フェースで、膝を突き合わせてビジネスをすることって大事だと思います。最近、特に製造業においてはグローバル化が叫ばれていますが、まだまだこの東京に残された可能性は大きいと感じます。
URL: http://www.hamano-products.co.jp/
住所: 〒131-0041 東京都墨田区八広4-39-7
墨田区の関連情報
城東エリアの関連情報