産業立地ナビTOKYO

町田市

町田市企業等立地奨励事業

作成日: 平成29年4月17日
更新日: 平成29年4月17日
経済観光部産業観光課 山野上亮主任
町田市経済観光部産業観光課
 町田市は2012年度に、10年後(2021年)の目指すべきまちのビジョンを描いた基本計画「まちだ未来づくりプラン」を策定しました。今回ご紹介する「町田市企業等立地奨励事業」は、この計画に基づいて2013年度からスタートしている事業です。2016年10月に制度を改定して、より利用しやすい制度について、経済観光部産業観光課の山野上亮主任にお話をうかがいました。

「1型」と「2型」2種類の奨励金で企業立地を支援

町田市庁舎
 「町田市企業等立地奨励事業」による奨励金は、町田市内に新規に立地する企業、または増設などで規模を拡大する企業に交付されます。制度の特徴は、定められた年度分の各種税金相当額を交付する「1型」と、土地や建物を取得した金額相当額の1/20を交付する「2型」の2種類が設けられており、奨励金額は以下のようになっています。

[1型]
●新設の場合:
 固定資産税、都市計画税及び事業所税の合計額を5年間(上限:6千万円)
●増設の場合:
 固定資産税、都市計画税及び事業所税の合計額の1/2相当の金額を3年間
 (上限:3千万円)

[2型] (対象は新設企業のみ)
●取得の場合:
 投下固定資本相当額の1/20の金額(上限:工場等 2億円、事務所6千万円)
●賃借の場合:
 月額賃料(共益費等は除く)の12か月分の額の1/5の金額
 (上限:工場等3千万円、事務所2千万円)

 「もっと広く誘致を進めていこうと制度を改正しました。事業者さんにも使いやすくなったと思っています。まちだ未来づくりプランも2017年度から後期に入りましたので、市としてもより力を入れて取り組んでいきます」

「職住近接」をかなえる町田市の多様な魅力

町田駅周辺の空撮写真
 町田市には、立地を考える企業にとって多くの魅力があります。
第一は交通アクセスの良さで、市内には東名高速道路の横浜町田IC、国道16号・246号線などが走っており、物流・交通の要衝となっています。また、鉄道網も小田急線、JR横浜線、東急田園都市線、京王相模原線が通り、これらを利用すれば、東京都心や横浜市の中心部に30~40分でアクセスが可能です。町田駅を核とする中心市街地は百貨店やファッションビルが軒を連ねる商業集積地で、市外からも多くの人が訪れます。
 暮らしの面でも魅力的です。市内北部の丘陵地域には里山や田園風景が残され、東京でありながら緑豊かな自然に恵まれています。また、市内全域には住宅地が広がり、「地域子育て相談センター」や「マイ保育園制度」など子育てに対する支援も充実しています。
 「工場や事務所が町田市に立地していれば通勤が楽だったり、買い物が便利だったりと、従業員さんにとってもメリットが大きいと思います。“職住近接”という観点からも町田市は事業に適していて、ライフ・ワーク・バランスの取れた働き方がかなえられる町です」

「町田新産業創造センター」卒業の起業家も支援

町田新産業創造センター(町田駅徒歩5分)
 前述した2016年の制度改正によって、スタートアップを対象にした「創業者立地支援奨励金」が新しく設けられました。町田市で起業・創業のコア施設となっているのが、2013年4月にオープンした「町田新産業創造センター」です。
 同センターにはインキュベーションマネージャーをはじめ3名のスタッフが常駐し、新規性・独創性のある起業家に対する支援を中心に、市内中小企業の相談や課題に対しても
2階のインキュベーションフロア
ワンストップ型のハンズオン支援を行っています。
 2階はインキュベーションフロアとなっており、創業前または創業後5年以内の法人または個人にインキュベーションルーム(3~5名が利用できる個室)や席単位で利用可能な個別ブースが賃貸で提供されています。奨励金は、このインキュベーションルームに1年以上入居した上で、事業拡大により会社を市内に移転する創業者に交付されるもので、金額
インキュベーションルーム
は土地や建物を取得した場合が上限500万円、賃貸の場合が上限90万円となっています。
 施設の人気は高く、「インキュベーションルームはなかなか空きが出ない状況ですが、個別ブースはまだまだ入居が可能です。個別ブースからインキュベーションルームへとステップアップされる方も多くいらっしゃいます。」とのこと。

ここから巣立つ起業家たちの新規性・独創性の高いビジネスが、町田市の活性化の刺激になっていくことでしょう。

町田市経済観光部産業観光課
TEL:042-724-3296
町田市ホームページ

【創業支援施設】
町田新産業創造センターホームページ
町田市の関連情報
南多摩エリアの関連情報