産業立地ナビTOKYO

トップページ 支援制度 自治体担当者に企業支援の「いま」を聞く むさしの創業サポート施設開設支援事業
武蔵野市

むさしの創業サポート施設開設支援事業

作成日: 平成29年4月17日
更新日: 平成29年4月24日
市民部生活経済課産業振興係 平塚課長補佐
武蔵野市 市民部生活経済課
 武蔵野市は平成26年9月、市内で創業を希望する人を支援する事業者と連携して「むさしの創業サポートネット」を立ち上げました。商工会議所や信用金庫など6機関が市役所内に開設されたワンストップ窓口「むさしの創業支援コーナー」を中核として一体となったネットワークで、創業の検討段階から創業後のフォローアップまでを支援しています。これに続く創業支援事業としてスタートしたのが「むさしの創業サポート施設開設支援事業」。市民部生活経済課産業振興係の平塚香課長補佐に内容をうかがいました。

地方創生加速化交付金を女性の創業支援に活用

 「むさしの創業サポート施設開設支援事業」は、平成27年に国の「地方創生加速化交付金」に申請して認められた事業で、市内で創業を希望する女性を主な対象とした創業支援施設を新たに開設・運営する事業者に対して、施設整備費および運営費の一部を補助するものです。
 「女性をターゲットにした創業支援施設の開設や運営を支援するというのが一番の特徴です。また、民間の事業者が創業支援施設をつくって国や東京都から補助を受けるというケースはありますが、1つの自治体が同様のケースに対して補助金を出す例はあまりないと思います」
 財源は、前述の地方創生加速化交付金(2千万円)と武蔵野市単独予算(1千4百万円)の2本立てとなっており、主な補助要件は、以下の6項目となっています。
 ①平成28年度内に市内で施設を開設する
 ②創業希望者の事業展開をサポートする相談員を置く
 ③地域の商店会に加入する
 ④地域貢献事業を行う
 ⑤むさしの創業サポートネットと連携した事業を行う
 ⑥使用者を限定する個室がある場合の使用期間は3年以内
 補助割合・補助限度額は、女性を対象とする施設は4分の3(1千万円)、一般の創業支援施設は3分の2(7百万円)となっています。

2017年3月までに4ヵ所の創業支援施設がオープン

 応募は7社からありました。いずれも女性の創業を支援する企業からの提案で、審査会において以下の4社が選ばれました。

●株式会社タウンキッチン
 空き店舗を活用した飲食・食品販売等のシェアキッチン
●株式会社マネージメントブレーン
 女性向けのシェアオフィス、交流スペース
●一般社団法人フラットデザイン
 シェアキッチン、チャレンジカフェ、レンタルキッチンカー
●株式会社スイベルアンドノット
 カフェ併設のコワーキングスペース

 これらの事業者が運営する創業支援施設は、2017年の3月までに4ヵ所がオープンしました。
 「選定にあたっては、“地域とのつながりをどうつくっていただけるか”に主眼を置きました。武蔵野市の産業は商業がメインですが、社会構造やライフスタイルが変わっていく中で、旧来の商店街がどんどん衰退しています。そうした商店街を元気にする存在になっていただきたいのが狙いです」

民間が運営する創業支援施設の実例

i-dream吉祥寺/料理教室や、セミナー、展示会・販売会の開催など多彩なサポートが可能
 それでは、民間が運営する創業支援施設とはどのような施設なのか?上記のマネージメントブレーン社が運営する起業家支援サロン「i-dream吉祥寺」は、吉祥寺駅から徒歩3分のところに2017年2月にオープンしました。
 i-dream吉祥寺は、子育て中もしくは子育てを終えて起業を志す女性たちを支援の主な対象としており、セミナーや個人のワークショップに使える「レンタルスペース」、料理教室やパーティなどが開ける「キッチン」、委託販売のために設けられた常設の「レンタルボックス」が用意されています。支援の内容も幅広く、企業相談、各種セミナー、創業塾、交流会、販売会、ECサイト出品サポートなど、精力的に活動しています。i-dream吉祥寺のスローガンは「集う×学ぶ・教える×稼ぐ」というもの。起業したからには利益を上げなければならないとの理念に基づいて、多彩な支援プログラムを用意しています。

8K MUSASHISAKAI /(タウンキッチン運営)(Photo:Ryokan Abe)
 同施設に続き、3月からは、8人でキッチンを共有する惣菜、菓子、パンなどの製造販売が可能な「8K MUSASHISAKAI」(タウンキッチン運営)、
MIDOLINO_ /(フラットデザイン運営)
7つのキッチンを備え「食」を中心とした地域の暮らしを豊かにするサービスを生み出す「MIDOLINO_」(フラットデザイン運営)、
Start Up Café /(スイベルアンドノット運営)
カフェ併設のコワーキング施設で、日中は創業を希望する女性向け、夜はビジネスマン対象とした「Start Up Café」(スイベルアンドノット運営)が、それぞれのノウハウを活かした創業支援を開始しています。
武蔵野市とこれらの施設の創業支援に今後も注目が集まりそうです。
武蔵野市市民部生活経済課産業振興係
TEL:0422-60-1832
武蔵野市ホームページ

【創業支援施設】
i-dream吉祥寺 ホームページ
8K MUSASHISAKAI ホームページ
MIDOLINO_ ホームページ
Start Up Café ホームページ
武蔵野市の関連情報
北多摩エリアの関連情報