産業立地ナビTOKYO

江戸川区

江戸川区名産品「えどコレ!」

作成日: 平成25年3月17日
更新日: 平成29年4月24日
江戸川区生活振興部産業振興課
江戸風鈴や扇子、型小紋といった江戸の風情ただよう伝統工芸品を、現代の人々の暮らしに合わせたものへと作り変えて好評を博している「えどコレ!」。江戸川区による産学公の取り組みの結晶として、他区からも大きな注目を浴びています。これまでの経緯やそこに込められた思いなどについて、江戸川区生活振興部産業振興課計画係の辻賢太郎さんにお話をうかがいました。

ネットショップ設立によって売上が大幅増

江戸川区では10年前から「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト」を実施してきました。美術系大学の学生さんたちの新しいデザインや発想力を生かしながら、区内の伝統工芸産業の支援を行うという内容です。
その一環として、平成22年(2010年)10月にスタートさせたのがインターネットショップ「えどコレ!」です。実はそれまでも伝統工芸品の販売を行っており、マスコミや雑誌で取り上げられたり、2008年度グッドデザイン賞をプロジェクトとして獲得したりと注目はされていたのですが、販路が弱かったため売上は思うように伸びていませんでした。
それがインターネット上にショップを構えたことと、東日本大震災によって風鈴や扇子などの伝統文化が見直されたこともあって、平成23年度の売上が大きく跳ね上がりました。江戸川区の地場産業である繊維業を生かしたペットウェアや、江戸川区名産の小松菜を練り込んだ蕎麦なども含めて、現在も様々な商品が売れ続けています。

パリのジャパン・エキスポでも話題に

区自体が販売活動を行うことは難しいため、株式会社CUCサポートに業務委託をしています。この会社は千葉商科大学の母体である学校法人千葉学園が出資・設立したものです。楽天市場にネットショップを構えている他、銀座などにある実店舗でも一部商品が扱われています。ターミナル駅などで数週間のイベント販売を実施させていただくことも多く、その度に大きな売上を記録しています。
また、日本文化をテーマとしてパリで開催されているジャパン・エキスポにも昨年、「えどコレ!」の商品を持っていきました。すると、本当に大勢の方が興味を示してくださり、中でも「おりづるピアス」は大人気商品になりました。今もパリのお店でおりづるピアスや手ぬぐいなどを扱っていただいています。
さらに今年からはアメリカの大手ネットショップにも掲載を始めました。

制作・販売を通じて美大生と伝統工芸者がさらに生き生き

「えどがわ伝統工芸産学公プロジェクト」は春ごろに美大生と伝統工芸者をマッチングすることから始まります。夏から年内いっぱいは試作品の制作や外注先の選定、販売価格設定に充てられます。翌年1月に新作発表会を実施し、2月の東京インターナショナル・ギフト・ショーでは美大生も参加しての商談会が行われます。
美大生にとっては自分のデザインが伝統工芸者の素晴らしい技術によって商品化されるという、またとない機会です。売上の一部は発案者となる学生の収入になりますし、カタログなどに自分の名前が作品と共に掲載されることが何よりも嬉しいようです。それを就職活動で一生懸命PRして内定を勝ち取ったという学生さんもいました。
また、江戸川区の伝統工芸者の方々が「たくさん売れているよ」「発注が来たよ」と嬉しそうに報告してくれることも無上の喜びです。売上増加によって、お子さんたちが「この技術を自分が引き継ぎたい」とおっしゃる例もどんどん増えており、「えどコレ!」が伝統工芸の存続に一役買っているという達成感を味わっています。
関連WEBサイト・連絡先
江戸川区ホームページ
えどコレ!マイスター
楽天市場ネットショップ「えどコレ!」

【江戸川区生活振興部産業振興課】
所在地: 東京都江戸川区中央1-4-1 TEL: 03-5662-0525(計画係)
江戸川区の関連情報
城東エリアの関連情報