産業立地ナビTOKYO

トップページ 支援制度 自治体担当者に企業支援の「いま」を聞く 東京都立産業技術研究センター(都産技研)施設見学会

東京都立産業技術研究センター(都産技研)施設見学会

作成日: 平成24年3月23日
更新日: 平成27年1月22日
地方独立行政法人東京都立産業技術センター(都産技研)
東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、都内中小企業の技術支援を行う試験研究機関です。2011年10月3日、ものづくり産業の総合的な支援拠点として、江東区青海に新本部を開設しました。今回、同施設見学会に参加しました。

高電圧実験室

避雷器などの高電圧試験は、都産技研の特徴的な技術支援の一つです。新たに設置した高電圧試験装置では、交流高電圧発生装置や雷インパルス電圧発生装置をコンピュータ制御によって試験精度が向上しました。
※写真左:高圧実験室
※写真右:雷を発生させ、高電圧試験を行う

製品強度実験室

主に金属製品の各種強度試験を行っています。2kN~3000kNの引張、圧縮、曲げ強度などを測定する万能試験機や、ねじり試験機などを設置しています。
万能試験機
ねじり試験機

半無響室

機械装置の音響分析を半無響室で行います。この部屋は、吸音性能をもつ材料で仕上げられています。遮音性能により、低騒音の機器の音響分析が可能です。
※写真は半無響室

電磁シールド室

携帯電話をはじめ、電波を利用した通信などが盛んになり、通信性能や精度を向上させるため、使用する周波数も高くなっています。電磁シールド室では、電波を有効利用できるように通信機器やアンテナの評価をするアンテナ室、また高い周波数を利用した機器が発生する放射ノイズなどを測定する3m電波暗室を用いて、製品開発を支援します。
※写真は電磁シールド室

造形室

3次元デジタルエンジニアリングを活用した、製品の測定・設計・解析・試作品作成の総合的支援を行います。高速造形機(RP装置)を設置し、3次元データをもとにした試作品作成を行えるようにしています。
※写真は造形室

創作実験ギャラリー

「売れるデザインブランド」の確立を支援するために設置されているのが創作実験ギャラリーです。この施設では、企画・マーケティングから販売促進にまで拡充した支援を行っています。
※写真は創作実験ギャラリー
見学会には大勢の参加者がおり、グループごとにいくつかのルートに分かれて施設見学を行いました。今回、見学させていただいたのは、新本部のほんの一部だそうですが、その広さに驚かされました。
参加者は皆、熱心に説明を聞かれていました。質問なども活発にされ、関心の高さがうかがえました。
URL:http://www.iri-tokyo.jp/
住所:東京都江東区青海2-4-10
TEL:03-5530-2111