産業立地ナビTOKYO

トップページ 支援制度 自治体担当者に企業支援の「いま」を聞く 首都圏イノベーションセンターMICAN(品川区)
品川区

首都圏イノベーションセンターMICAN(品川区)

作成日: 平成22年1月8日
更新日: 平成27年2月12日
首都圏イノベーションセンターMICAN
首都圏イノベーションセンターMICANは、首都圏に進出する中小企業・個人向け産業支援施設です。レンタルオフィス・レンタル会議室等、首都圏での活動拠点となるスペースとサービスを提供しています。同施設を運営している静岡県のベンチャー企業、株式会社Teable(ティーブル)の矢後真由美さんにお話をうかがいました。

コスト高に悩む企業の東京進出をサポート

都内の営業拠点を希望する静岡県の企業は多いのですが、家賃などのコストがハードルになっていました。そうした企業の要望に応えるため、静岡県内の産業支援機関、静岡銀行、浜松市内の中小企業や大学などの協力のもとに「首都圏イノベーションセンターMICAN」が平成19年12月に開設されました。個別ルーム11居室(各約6m2)、共有ブースは6、多目的スペース、会議室2室(各10人まで収容可)などを揃えています。営業活動、求人情報発信、中央との連携強化、他地域との連携ゲートウエイなどに活用いただけます。JR京浜東北線大井町駅(東京駅から13分)から徒歩約2分と立地条件にも恵まれています。

使い勝手のよさが好評

平成22年2月現在、製造業、IT関連、サービス業など27社(静岡県外2社)に契約していただいています。アクセスがよいため打ち合わせや書類の修正・出力、空き時間の有効利用などに使い勝手がよいと、たいへん好評です。出張しやすいため関係者と出会う機会の増加や、入居していることによる企業イメージアップなど、様々なメリットがあるようです。更なる飛躍を目指して退去する企業がある一方、今後もここを拠点に展開を考えている会員企業もあります。各企業の成長スピードに合わせて、利用いただければと思います。

企業の交流会も開催

会員企業間、あるいは会員企業と首都圏の企業との交流を活発化させることも重要なテーマです。交流会やマッチングイベントなども開催しています。貴重な情報交換の場であるとともに取引につながるケースもあります。今後も、企業を様々な形でサポートしていくよう努めます。多くの企業がこのセンターを足がかりに成長することで、地方と東京の産業をともに盛り上げることが出来れば幸いです。

静岡県以外の企業も歓迎

東京での操業に限らず、発展を目指して挑戦する気持ちは大切です。客観的な根拠を元に東京での需要が読めるなら、多少コストを掛けてでもトライしてみる価値はあるのではないでしょうか。まだ具体的なビジョンが描けていない企業でも、企業交流会などに参加するだけで新たな展開があるかもしれません。この施設が最初の一歩を踏み出すきっかけになればと思います。
個別ルームは現在満室の状態ですが、共有ブースには余裕があります。東京でのステップアップを目指しているのであれば、どこの企業でもかまいません。静岡県以外の企業にも利用していただきたいと希望します。積極的にお問い合わせいただきたいですね。
URL:http://www.webmican.com
住所:東京都品川区大井1-6-3
城南エリアの関連情報