産業立地ナビTOKYO

練馬区

練馬アニメーション協議会(練馬区)

作成日: 平成22年1月8日
更新日: 平成26年3月20日
練馬アニメーション協議会(練馬区)
日本のアニメ発祥の地である練馬。「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「一休さん」「銀河鉄道999」など無数の作品が区内から生まれました。
いつしかアニメの町となった練馬には日本で最もアニメ関連事業が集積しますが、区内のアニメ産業活性化のために活動を続ける同協議会の代表幹事・石黒竜 さん(写真:右)に現在の活動状況についてお伺いしました。

日本一を誇る練馬区のアニメ産業集積

国内のアニメ産業約600社あまりのうち、練馬区に100社弱が集積しています。その約半数の50数社が当協議会に加盟いただいており、アニメ関連団体としては日本最大規模でしょう。
練馬区内から、日本最初の長編カラーアニメ「白蛇伝」が生まれ、手塚治虫さんや松本零士さんら著名な漫画家も輩出してきました。
一方で、東映アニメーションや虫プロダクションに代表されるようなアニメ産業が数多く集積する区内には、協議会組織はありませんでした。平成16年に練馬区や商工会議所からの呼びかけもあって、同協議会が発足しました。

新しいアニメビジネスの模索や新たな販路開拓をサポート

フランス・アヌシーとの産業交流をバックアップしていただくなど、練馬区が積極的にアニメ産業の支援をしてくれていることは力強いです。また近隣には日大芸術学部や武蔵大学など、クリエイターの発掘にも良い環境が整っています。我々が主催するシナリオ・クリエーターズ・アワードには、多くの優秀な学生が表彰されています。その他、アニメフェアへの出展サポートや区内各所で開催するイベントを企画するなど、幅広いサポートをしています。

さらなる発展を目指して

昨年、松本零士さんにお願いして、区内の西武大泉学園駅に「銀河鉄道999」の壁画を描いて頂きました。また区内にある、としまえんでのイベントを定期的に開催するなど、練馬区のさまざまなリソースを活用し、区内外にアニメの存在をPRしています。
また、将来的にはアニメ関連の観光施設建設の構想も持っています。アニメを通じて、商店街やその他区内産業の活性化につながればいいですね。
まだまだ、練馬のアニメが区内外であらゆる人に認知されるにはもう少し時間がかかります。これからも地域の誇りとして、アニメ産業活性化に尽くしていきたいと思います。
URL: http://www.animation-nerima.jp/
住所: 〒176-0012 東京都練馬区豊玉北6-7-8
練馬区の関連情報