産業立地ナビTOKYO

トップページ 支援制度 自治体担当者に企業支援の「いま」を聞く 産業と生活が共生する都市へ向けて。 「三鷹市地域産業基盤強化計画」
三鷹市

産業と生活が共生する都市へ向けて。 「三鷹市地域産業基盤強化計画」

作成日: 平成27年4月9日
更新日: 平成28年3月29日
担当者
三鷹市生活環境部 生活経済課
渡邉正人さん(右)
加藤太一さん(左)
住宅地と工業地が隣接する三鷹市。こうした状況の中で、市では、製造業の事業所が安心して操業できる環境づくりを支援しています。

住宅地として人気の高い三鷹市

 都心から西へ約18km、東京都のほぼ中央に位置し、東京のベッドタウンとして発展してきた三鷹市。「水と緑の公園都市」と称されるように、都市の便利さと緑豊かな自然とが調和し、住宅地としてとても人気が高い。
 市内にある「三鷹の森ジブリ美術館」が有名だが、その他、アニメ産業やコンテンツ制作にかかわる事業者も多い。
 その一方、ものづくり企業も立地し、固有の技術を誇る企業の活躍も目立つ。
 事業所数では一般機械器具、金属製品、電気機械器具の製造業が多く、従業員数では、情報通信機械器具製造業が圧倒的に多い。

製造業者が安心して操業できる環境づくり

写真:住宅地に囲まれた工場
 三鷹市は、戦前、軍需産業を中心とした関連工場が集積していたが、戦後は工場の市外移転が相次ぎ、その跡地で急速な住宅化が進展。これにより住工混在の課題が深刻化した。こうした状況を改善するために、東京都ものづくり産業集積強化支援事業の承認を受け、『三鷹市地域産業基盤強化計画』が進められている。
 その柱は、事業者が安心して操業できる環境の整備にある。例えば、工場移転集約化を促進するために、既存の市内製造業事業者が、市内の工業地域、準工業地域及び特別住工共生地区へ移転する際に補助を行う。
 その他、市では、防音、防塵、防臭、防振など、近隣環境に配慮した設備投資を行う事業所に対して一部金額の助成も行っている。

産業支援の強化のために

写真:三鷹産業プラザ
 三鷹産業プラザは、三鷹市の地域特性を生かした企業の集積、育成をするための産業振興拠点施設として2000年(平成12)年に誕生。情報系等の都市型産業の事務所スペースと交流・情報等の支援施設からなる。
 2014年(平成26年)、この地下1階にある精密測定機械室の機器が更新された。
 三次元座標測定機、表面粗さ・輪郭形状測定機など、高精度で工業製品等を測定できる機器を揃えている。初めて使用する際は、技術指導員から使い方の指導も受けられる。
 「三鷹市は産業と生活が共生する都市を目指しています。地域住民の理解を得て、事業者の方々が安心して操業を継続していけるよう、サポートいたします。」(担当者)
三鷹市
生活環境部 生活経済課
URL:http://www.city.mitaka.tokyo.jp/
住所:東京都三鷹市野崎1-1-1
電話番号:0422-45-1151
三鷹市の関連情報
北多摩エリアの関連情報