産業立地ナビTOKYO

トップページ 土地・建物・施設 掲載物件の取材レポート としまスタートアップオフィス(豊島区)

としまスタートアップオフィス(豊島区)

作成日: 平成30年2月22日
更新日: 平成30年2月22日
静かな環境のなか、仕事に集中できる
 8路線が乗り入れる巨大ターミナル・池袋駅から徒歩7分。としまスタートアップオフィスは、起業を目指す人、起業して間もない人を支援することを目的として開設されました。5席のシェアデスクと、ミーティングデスクを設置するフロアはスタイリッシュなトーンで統一され、仕事にじっくり集中できる環境。利用者たちは、本施設のサービスを有効に活用しながら、ビジネスの可能性を広げています。

豊島区のビジネス形態に合わせた支援

池袋駅から徒歩7分という好立地にある
 2017年7月に開設された、としまスタートアップオフィス。立ち上げの経緯について豊島区文化商工部生活産業課・関森文子氏は次のように話します。「これまで地域ビジネスの拠点としては、豊島区役所にある「としまビジネスサポートセンター」がその役割を担ってきました。仕事にまつわるあらゆるご相談をワンストップで解決する窓口として、またイベントの開催や区内事業者同士のネットワーク作りを支援してきた実績があります。このようなソフト面の整備に加え、ハード面を充実させる目的で開設されたのが、としまスタートアップオフィスです」。
 豊島区の事業所の特徴として、経営者ひとりで事業をしているなどの小規模事業者や、コンサルタント業のように広いオフィスを必要としない業種が多いことが挙げられます。これらを踏まえ「パソコンを持ち込み、自宅以外に仕事に没頭できるシェアオフィス」というコンセプトが生まれました。月額使用料は1万円。法人本店として登記も可能です。定員10名の枠はすでに埋まり、現在は空き待ちの状態が続いています。

利用者の声を聞きながらさらなる発展を

利用者同士のネットワーク作りに活用されるサロン
 豊島区産業振興のハード面での充実を図るために誕生した本施設ですが、ビジネスにまつわる相談事があれば、としまビジネスサポートセンターをご利用ください。さらに、今後は、利用者への情報提供や、利用者同士のネットワーク作りにも力を入れていきたいと関森氏は話します。「快適なスペースを提供するという現状から一歩進んだ支援を模索している段階です。スタート時に交流会を企画しましたが、その後利用者のみなさんから"お互いのビジネスについて意見交換することで、ブラッシュアップしていけるような場がほしい"といった声もありました。みなさんの声を集めて、試行錯誤しながら、理想の施設に近づけていきたいと考えています」。としまスタートアップオフィスから多くの起業家が育っていくことが期待されます。
広々とした会議室も完備されている
としまスタートアップオフィス
URL: http://www.toshima-biz.com/00_sogyo_startup.html
住所:東京都豊島区西池袋2-37-4としま産業振興プラザ4F
電話番号:03-4566-2742(としまビジネスサポートセンター)
豊島区の関連情報