産業立地ナビTOKYO

トップページ 土地・建物・施設 掲載物件の取材レポート チャレンジオフィス船堀(江戸川区)

チャレンジオフィス船堀(江戸川区)

作成日: 平成28年2月26日
更新日: 平成29年4月18日
江戸川区 生活振興部 産業振興課 田島勉係長
チャレンジオフィス船堀(江戸川区)
 江戸川区は東京23区の最東端に位置し、人口約68万人で、区内従業者のうちおよそ6割が区内在勤という“職住近接”の街です。ここで紹介するのはそんな江戸川区が創業3年未満、あるいは創業を検討している人を対象にした創業支援施設「チャレンジオフィス船堀」です。江戸川区 生活振興部 産業振興課の田島勉係長にご紹介いただきました。

元は信用金庫本店の役員フロア。高級感と高セキュリティが好評

 元々江戸川区では、創業して間もない人、創業を検討している人を対象に、中小企業相談室の開設、2004年からは学習機会の提供として起業家ゼミナール開催、2006年からはビジネスプランコンテスト開催、さらに起業家アドバイザー派遣、創業支援資金の融資など、さまざまな創業支援が行われてきました。
 「その次のステップとして始めたのが、低額の賃料で使っていただける事務所の提供です。第一弾となったのが、2011年10月から稼働したチャレンジオフィス小岩でした。これはマンションのワンフロアを区が借り上げたもので、総面積208㎡超、計6室の規模でした」
 そして第二弾となったのが今回紹介するチャレンジオフィス船堀です。「チャレンジオフィス小岩」も最寄であるJR総武線小岩駅から徒歩4分と近くて、便利ですが、船堀はさらに近く、駅南口から徒歩1分の好立地にあります。
 「快適なアクセスもさることながら、オフィス自体の質も高いと自負しています。このビルは、朝日信用金庫様が管理しているビルで、チャレンジオフィス船堀がある6階はかつて役員室や応接、専用会議室として利用されていたフロアです。したがってセキュリティは厳重ですし、フロアはすべて厚手のカーペット敷きで格調の高い印象です。各室は独立性、気密性が高く、事務所としての利用に非常に適しています」
チャレンジオフィス船堀が入るビル外観。1999年にオープンした船堀駅北口目の前に立つ「タワーホール船堀」が近いことも強み。大規模なレセプション、シンポジウム、展示会など多様なビジネスシーンで使える施設が集積している

入居者同士の連携の動きも

談話スペース(左)と会議スペース(右)
 では実際にチャレンジオフィス船堀を見ていきましょう。1階の集合エントランス、6階のエントランスの2ヵ所のオートロックを解錠すると、まずは南に面した日当たりの良い約40㎡の談話スペースがあり、入居者が自由に使うことができます。また、約64㎡の予約制会議スペースも用意されており、ここもミーティングなどに使うことが可能です。
 「会議スペースでは、年に1~2回のペースで入居者同士の意見交換会を開催し、交流していただく機会も設けています。これをきっかけに入居者同士の連携やコラボに向けた動きも出ており、その点もこの施設ならではのメリットだと考えています」
 チャレンジオフィス船堀は先述したとおり、船堀駅から徒歩1分の近さですが、周囲はマンションなど住宅も多く、閑静な環境が広がっています。
 「それだけに街を行き交う人はビジネスマンだけでなく、一般の住民や学生などさまざまです。そうした多様性のある環境もこの施設ならではのポイントといえます」
 オフィスは10室で面積は18~29㎡。各室に電話回線はもちろん、光ケーブルも敷設されており、通信環境を容易に構築できます。また、通常のオフィス同様、24時間の出入りが可能です。

さらなる創業支援で起業家のネットワーク強化を計画

オフィス内(左)と通路(右)。いずれも高級感が漂う
 現在入居している企業は、IT、キャリア支援、人材育成、社会保険労務士、税理士、介護保険事業、仲介取引サービスといった多岐にわたっており、計10室はすべて入居中です。小岩も計6室は満室で、これまでの区の募集に対して常に多くの応募が寄せられてきたそうです。
 「入居に際しては区で審査させていただいております。事業内容は当然重視しておりますが、この創業支援施設は、最終的には江戸川区全体を活性化し、盛り上げることを目的としているため、施設を退去された後、江戸川区内において引き続き事業を継続するという意思を持たれていることも重要な入居資格のひとつとなります」
 チャレンジオフィス船堀の入居期間は1年ですが、再審査で1年間の再契約が可能となるため、ほとんどの企業が実質2年間借りているそうです。2016年には、2年の契約を満了する企業が順次出てくるため、随時入居希望者を募集する予定です。
 「江戸川区では、創業者支援に力を入れておりまして、「創業支援事業計画」は平成26年3月20日には産業競争力強化法に基づく認定を受けています。さらに創業者支援の強化策として、2016年度には『えどがわ起業家フォーラム』の開催を計画しております。これまで区の創業支援に関わってきた起業家がかなりの数にのぼっているため、そのネットワークを広げ、今まで以上に創業しやすく、企業が活躍しやすい環境をつくることが狙いです。チャレンジオフィス船堀を舞台にビジネスを拡大し、夢を実現する企業がひとつでも増えることを願っています」
チャレンジオフィス船堀
住所:東京都江戸川区船堀3-5-24
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/san_jigyosya/sangyo_jigyosya/sougyo_shien/sogyosien/shisetsu_funabori.html
連絡先:生活振興部産業振興課計画係(区役所西棟1階2番窓口)
電話:03-5662-0525(直通)
住所:東京都江戸川区中央1丁目4番1号
江戸川区の関連情報
城東エリアの関連情報