産業立地ナビTOKYO

トップページ 土地・建物・施設 掲載物件の取材レポート PlanT(プラント)(日野市多摩平の森産業連携センター)

PlanT(プラント)(日野市多摩平の森産業連携センター)

作成日: 平成28年1月28日
更新日: 平成29年4月18日
エントランスを入ってすぐの場所にある「まちのラウンジ」で取材に応える日野市まちづくり部産業振興課の矢光由貴夫氏。
PlanT(プラント)(日野市多摩平の森産業連携センター)
「PlanT(プラント)」(正式名称:「日野市多摩平の森産業連携センター」)は、市民や企業、大学、そして起業を目指す方など多様な分野の人たちが集まり、知識や技術、アイデアを組み合わせて新事業や製品・サービスを創造するための施設です。日野市まちづくり部産業振興課の矢光由貴夫氏にご紹介いただきました。

「工業都市・日野」の産業活性化を支援するインキュベーション施設

PlanT外観。自治体の産業支援施設はビルの内部に設置されているケースが多いことに対して、1階で歩道に面し、しかもガラス張りで内部も見える開放的なつくりが特徴です。
 日野市は古くから多数の大企業が工場や研究所などを構えてきた場所で「工業都市・日野」として発展してきた歴史をもつ都市です。ちなみに平成25年度の東京都工業統計調査によると、日野市の年間製造品出荷額等は約7,041億円で都内第2位(全体の約9.0%)となっています。また、付加価値額(※)は約4,051億円で都内第1位(同約13.3%)の数字を示しています。
 「しかし、近年では経済のグローバル化、将来的な人口減少による国内市場の縮小などによって、市内の工場の閉鎖や海外移転、事業者数の減少などの問題が起きています。この連鎖を断ち切り、日野市の産業を再活性化させるため、平成25年に日野市工業振興条例を策定しました。これは、関係者が顔の見えるネットワークを築き、一体となって産業振興に取り組みやすい環境づくりを目指すものです」
 ここで紹介する「PlanT(プラント)」も、日野市の産業振興の一環としてつくられた施設です。完成は平成27年10月。大型ショッピングモールやマンションなどが建てられ、再開発が進むJR中央線豊田駅北口から徒歩約5分程度とアクセスの良い場所にあります。
※ 企業がその年に生み出した利益。経営向上の程度を示す指標となる。具体的には営業利益+人件費+減価償却費で算出。

多分野の人たちが有機的につながりやすい「仕掛け」を採用

 PlanTはマンションの1階で歩道に面しており、大きなガラスを通して施設内が見える仕様になっています。先に矢光氏が話した“顔の見えるネットワーク”づくりの場にふさわしい雰囲気です。
 エントランスを入ると、デスク席、ソファ席、カウンターなどを備えたPlanTの中心スペースである「まちのラウンジ」、キッチン機能があり、利用者同士が交流しやすい「コミュニケーションカウンター」、コミュニティ活動、ミーティング、エクササイズなど多目的に使える「プロジェクトルーム」などがあります。ユニークなのは、これらがパーティションなどで隔てられていないことです。全体がゆるくつながり、開かれた風通しの良い空間になっています。
 「市民や企業、大学、起業を目指す方々など多様な分野の人たちが知識、技術、アイデアを共有し、有機的につながっていただきたい。そうなることで新たな事業が創出しやすくなるのでは、との考えからこのような内装設計を採用しています」
仕切りがなく、他の空間とつながっているプロジェクトルーム。
プロジェクトルームに隣り合うまちのラウンジ。使用料は無料だが登録が必要。
全18席用意されたコワーキングスペース。1日だけの利用も可能だ。

ショップ経営を実地で学べるチャレンジショップも特徴

 PlanTには、他にも1年ごとの更新で最長5年まで借りられる「個室のワークスペース」、1年ごとの更新で仕切なしの「コワーキングスペース」もあります。いずれも専用セキュリティキーが貸与されるので、24時間利用することができます。さらに創業を目指す人がインキュベーション・マネージャーに相談やカウンセリングを受けられる「インキュベーション支援スペース」や、セミナー、講習会、会議などに使える「イベントスペース」(約50席設置可能)もあり、こちらも好評です。  「加えてPlanTの特徴になっているのが、2室備えられているチャレンジショップです。広さはいずれも約40㎡。将来、日野市内で自分の店を持ちたい方を対象にした出店スペースです。1年ごとの更新で最長2年まで使用できます」  実際にチャレンジショップに入居し、輸入雑貨、手づくり品等の物販を行っていた「CO+(こぷらす)」様にお話をうかがうと「電気料金、水道料金(ただし電気容量の大きな機器は使用不可)込みで月額40,000円という使用料の安さが大きな魅力です。また駅近くの好立地でしかも路面店という理想的な環境でトライアルができるのは非常に助かりますし、将来に向けての勉強になります」と話してくれました。  「PlanTでは、先輩経営者の独立起業から現在までの体験談を聴ける無料の支援セミナーや、事業構想、マーケティング・販売戦略、税務・会計、雇用・人材の育成など各分野の専門家を招く創業スクール、ビジネス人材育成を目的とした次世代リーダー塾、さらにものづくり系の3Dプリンター活用教室などさまざまなイベントを開催しています。日野市在住・在勤に関係なく、創業を目指す方、創業間もない方、興味がある方はぜひご参加ください。その折にプラント内の施設もご覧いただき、良さに触れていただければと思います」
イベントスペース。附帯設備のプロジェクター、スピーカー・マイクが使用できる。
チャレンジショップでプレオープンしていた「CO+(こぷらす)」の店内。附帯設備のポストが使えるほか、無線・有線 LAN の利用、 本店登記、あるいは事業所登録も可能
日野市 まちづくり部 産業振興課
URL:http://www.plant-hino.com/
住所:東京都日野市多摩平2-5-1
TEL:042-585-1111(内線 番号3451)
受付時間:8:30~17:15(平日)
日野市の関連情報
南多摩エリアの関連情報