産業立地ナビTOKYO

トップページ 土地・建物・施設 掲載物件の取材レポート 新宿区立高田馬場創業支援センター(新宿区)

新宿区立高田馬場創業支援センター(新宿区)

作成日: 平成24年3月19日
更新日: 平成27年3月6日
新宿区立高田馬場創業支援センター(新宿区)
 2011年10月、高田馬場駅から徒歩2分の好立地にオープンした新宿区立高田馬場創業支援センター。新宿区の施策としては初めてのインキュベーションオフィス(創業支援施設)として開設されました。個室ブースは2部屋のみで、利用者が共同利用する49平米の「シェアードオフィス」(全10席)を中心とした、アーリーステージ(創業後間もない段階)支援に特化したインキュベーションオフィスです。施設長を務めるインキュベーション・マネジャー(IM)の福田稔さんは「むしろ利用者間の距離が近いことが、好循環を生んでいる」と話します。それは一体、どういうことなのでしょうか。

志ある者どうしが切磋琢磨できるシェアードオフィス

 インキュベーションオフィスというのは、起業を目指す方にIMが様々なかたちでサポートする施設のこと。経営リスクを減らす意味で低価格で利用できるようになっているところが多いです。一般的には、パーテーションなどで仕切って個別のブースをつくりますが、新宿区立高田馬場創業支援センターの中心をなすのは49平米の広間タイプ。その名のとおり、利用者どうしで空間を共有(シェア)する、全10席のフリーアドレス(自由席)のオープンスペースです。デスクとチェア、無線LAN環境があるだけなので、基本的にはノートパソコンと携帯電話をご持参いただき、創業準備にあたっていただくことになります。
 使用料は一般的なビジネスオフィスよりもリーズナブル(月額1万円、個室オフィス利用者は別途月額2万円加算)。しかしそれ以上に、利用者の皆さんからは、お互いの距離が近いことについてご好評をいただいております。というのも、個人で起業準備をする方にとっては、毎日決まった時間に当施設に「出勤」することで、モチベーションが維持されるからです。加えて、勤務地に大勢のライバルがいて、常に顔を合わせることが、起業に不可欠な「自立と自律の精神」を育んでくれるのだそうです。
写真左:施設外観
写真右:全10席のシェアードオフィス
※事業化の準備に集中できる個室も用意

経験豊富なIMが個人企業家をサポート

当施設の入居は最長2年。できるだけ早くビジネスモデルを確立して、独立していただかなくてはなりません。私たちIMはそのためのお手伝いをさせていただいています。とくに重要視しているのが個別面談。起業するまでには「事業計画の作成」「商品イメージの明確化」「マーケティング調査」「商品・サービスの開発改良」「テスト販売」など、様々な段階を踏まなくてはなりません。当然、多くの壁にぶつかります。けれども、個人起業家のなかには、つまずいていること気づかず失敗してしまうケースもあります。たとえば、事業の根幹をなす「事業計画」が夢物語になっていないか。あるいはその逆で、試行錯誤に時間をかけすぎて時代遅れになっていないか。そのような、一人では気づきにくいことについて、伴走者としてアドバイスさせていただくのが、私たちIMの役目。
 また、「販路をうまく拡大できずに悩んでいる」という方のため、関連業界の方のところに同行させていただくこともあります。「経営者に不可欠な法律の知識を押さえておきたい」という方に対しては、行政書士や司法書士をお招きして勉強会を開催したりします。ほかにも利用者のニーズに応えるため、定期的にセミナーや講演会を開催しています。今年の4月には早くも最初の卒業生が誕生しました。
 私も施設に常駐し、いつでも利用者の相談を受け付けています。今後も利用者のニーズに合わせ、様々なかたちでサポートさせていただきたいと考えています。
※創業支援センターでは定期的にセミナーを開催している

経済紙や専門紙など新聞10紙を購読。施設は深夜24時まで利用可

 高田馬場駅から徒歩2分の立地のため、終電時刻に合わせ、施設は深夜24時まで開けています。オープン前は「夜中まで開けても利用者がいなかったらどうしよう」という不安もありましたが、24時まで働いていかれる方が毎日いらっしゃいます。日中、営業活動やセミナー参加などを行う皆さんにとって、夜間は集中してアイデアをまとめたり、アポイント・リストを整理するうえで、とても貴重な時間帯のようですね。
 シェアードオフィスには独立・起業に関するハウツー本や自己啓発本、法律や行政支援に関する資料を多数用意。日本経済新聞、日経産業新聞、日経流通新聞(MJ)の「日経3紙」をはじめ、ビジネスアイ、日刊工業新聞など経済紙、『東洋経済』『ダイヤモンド』『PRESIDENT』などビジネス誌8タイトルも購読し、新聞についてはおよそ2カ月分をストックしています(購読内容は変更することがあります)。そのほか、センター内には定員36名の会議室(貸切利用可・料金別)、譲り合いながらですが無料でお使いいただける会議室兼商談室、交流スペース、電話室なども用意しています。
 私たちIMも研鑽を重ね、皆さんのお力になれるよう、これからも機能の充実に努めてまいります。一緒に、夢に向かってがんばりましょう!
※シェアードオフィスは利用者にとって起業図書館としても機能している
※商談室や交流スペースのほか、建物内の「調理室兼商品テスト室」も利用できる(有料)
URL http://www.shinjuku-center.jp/
住所 東京都新宿区高田馬場1-32-10
新宿区立高田馬場創業支援センター