産業立地ナビTOKYO

トップページ 土地・建物・施設 掲載物件の取材レポート 葛飾区東四つ木工場ビル(葛飾区)

葛飾区東四つ木工場ビル(葛飾区)

作成日: 平成22年1月8日
更新日: 平成27年3月6日
葛飾区地域振興部(東四つ木工場ビル)
葛飾区では、地域経済の重要な担い手である製造業の経営基盤強化を目的に、区内に東四つ木工場ビルを運営しています。これは区内の製造業者に対し操業の場を提供する、賃貸型の工場ビルです。実績がありながら立地に問題を抱えている区内の工場にとって、魅力ある施設となっています。増田晃一工業振興係長にお話をうかがいました。

区内の小規模製造業者に好適

東四つ木工場ビルは平成11年4月に稼動を開始しました。建物は鉄骨鉄筋コンクリート造4階建てで、貸工場数は25ユニット。床面積は62㎡〜128㎡で、区内の小規模製造業者にとって好適といえます。平成22年2月現在、19ユニットが入居状態です。付帯設備として、エレベーター2基(2トン、3トン)、ピット式3段駐車場(45台)、会議室、シャワー室等を備えています。
使用期間は3年(期間更新3回、最長12年間)で、入居条件としては、葛飾区内において引き続き1年以上継続して同一の製造業(日本標準産業分類による繊維工業、木材、木製品製造業など)を営む小規模企業者であること(概ね常時使用する従業員が20人以下の事業者)や、使用承認後、当該工場施設に工場を移転することが可能であること(法人は、本社の移転登記ができること)などです。

立地条件に恵まれない工場を救済

葛飾区は「物造りの町」といわれるほど、伝統的に製造業者が多いところなのですが、近年、工場と住宅が混在する場所が多くなり、それに伴って騒音や臭気、振動や大型車両の出入りなど、様々な環境問題が顕在化してきました。これにより経営的には順調でも、操業困難に追い込まれる業者も出てきています。
そうした区内の立地条件に恵まれない工場の救済が、葛飾区東四つ木工場の第一の目的です。また、既存の工場を拡張したくてもスペースがない、あるいは工場立替中の仮工場を求めている場合などにも、お役立ちできる施設です。入居者からは、「操業環境がよく、気兼ねなく仕事ができる」と大変に好評です。

企業の信用にもつながる

東四つ木工場ビルの入居条件に関しては、税金の滞納がないことや、確実な保証能力を有する連帯保証人を立てることが可能なことなど、かなり厳しいものとなっています。それだけに、ここに入居していること自体が、その企業の信用力を増す結果を生んでいます。
また、入居者からの要望は逐次受け止め、迅速に改善に反映させるよう努力しています。そうした点も、入居者から好評をいただいています。
区内の工業地域以外で操業している製造業者の皆様には、ぜひとも東四つ木工場ビルへの入居を検討していただきたいですね。

「人情の町」葛飾

葛飾区は映画の「フーテンの寅さん」や、漫画「こち亀」の両さんなどに象徴される、人情の厚い街です。都心にも近く、住みやすく、働きやすい土地です。
昔から多くの伝統的な製造業者が操業し、区とともに発展してきました。そうした歴史を背景に、葛飾区では台東区、荒川区、足立区、墨田区とともに、区内の物作り企業を応援するための「TASKプロジェクト」や、「葛飾区伝統工芸職人弟子入り支援事業」などを展開しています。
区外の製造業者の皆さんにも、ぜひ、葛飾区での操業を検討していただきたいと思います。
URL:http://www.techno-plaza.jp
住所:東京都葛飾区東四つ木1-22-1
葛飾区東四つ木工場ビル
葛飾区の関連情報
城東エリアの関連情報