産業立地ナビTOKYO

城東エリア

エリアの特色

青海エリア

 東京都の最東部。江戸川を挟んで千葉県と、北は埼玉県と接しています。特に、京葉、常磐方面へのアクセスが良好です。また、東京湾に面しており、東京港の物流機能を最大限活用できます。

 東京都の中で人口が最も多いエリアで、その数300万人近く。事業所も13万以上、立地しています。

 墨田区の東京スカイツリー、台東区の上野公園、浅草寺に代表されるように、観光スポットとしても人気があり、外国からの旅行者が数多く訪れます。

 また、東京湾沿いの有明・青海等の地域は、東京オリンピックの会場にも予定され、開発が進められています。

製造業の特色

革製品イメージ

 製造業の事業所が都内で最も多く、その数約5,000事業所。都内の4割近くが、この城東エリアに集中しています。

 小規模事業所が多く集まっているのが特徴です。特に、皮革・同製品は9割以上、ゴム製品は8割以上、繊維工業、紙・紙加工品、木材・木製品は6割以上の事業所が、ここに集積しています。

支援施設・物件の状況

東京都立産業技術研究センター

 中小企業の支援施設が充実しているのが城東エリアの特徴です。

 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、東京都の中小企業に対する技術支援(依頼試験、研究開発、技術相談、人材育成など)を行う試験研究機関です。その城東支所、墨田支所では、地域のものづくりに合わせた様々なサポートを実施しています。

産業支援機関・拠点(主なもの)

東京ビッグサイト 東京都知的財産総合センター(センター、城東支援室) 東京都立産業技術研究センター 区部支援拠点 すみだ中小企業センター 東京都立皮革技術センター(墨田・台東支所) 東京都立産業技術研究センター(城東、墨田支所) 東京都中小企業振興公社(城東)

産業集積に向けた自治体の支援

「江戸川区地域産業活性化計画」(江戸川区) 

 宇宙・航空など先端技術から伝統工芸まで、幅広い分野のものづくり産業が集積している江戸川区。しかし、近年、区内の製造事業所数は減少しており、また、区内企業は、競争力の低下や売上の減少、 経営者や従業員の高齢化、都市化の進展に伴う操業環境の悪化など、様々な経営課題を抱えています。このような状況において、区内製造業を中心とした新たな連携グループの形成、創業支援施設を交流拠点とした ネットワークの構築等により、経営課題の解決、起業の促進を図り、産業集積の維持・発展を目指します。

基本データ

区域
台東区 墨田区 荒川区 足立区 葛飾区 江東区 江戸川区
人口
(単位: 人)
製造業
事業所数
製造業
従業者数
(単位: 人)
製造品
出荷額
(単位: 千万円)
付加価値額
(単位: 千万円)
台東区 191,749 449 4,400 7,294 2,954
墨田区 261,723 828 12,284 27,356 15,397
荒川区 211,271 505 5,814 9,408 3,898
足立区 678,623 883 12,760 22,689 8,538
葛飾区 452,789 770 9,525 16,894 6,707
江東区 501,501 567 10,465 28,428 12,030
江戸川区 686,387 757 9,473 19,891 7,531
合計 2,984,043 4,759 64,721 131,960 57,055
東京都総計 13,415,349 12,156 269,815 815,935 319,317

出展:
 総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成28年1月1日現在)
 東京都総務局統計部 東京都の統計、平成25年東京の工業(平成26年12月31日現在)